Diary
日々の徒然を綴ります
 Saturday, 23/4/11   親睦会とオラクルカード
 
昨日は宗像メイトムで受講している
心理学講座の親睦会がありました。
今回は4期、5期の方々と合同で
総勢13名の出席でした。
 
私は3期生ですが、その後も復習を
兼ねて講座に出席していました。
昨年末にも親睦会がありましたが、
その時は5名の参加者でした。
 
会場はカラオケ屋さんでしたが、
前回よりもたくさんいらしていて、
とても賑やかでした。4期生の中には
男性もいらして、親睦会にも参加して
下さいました。
 
カラオケとお喋りでとても盛り上がり
私も楽しく過ごさせていただきました。
 
講座が始まった頃は、まだ皆さん
表情が堅い感じがするのですが、
だんだん生き生きとなさってきて
講座の終盤では表情がどんどん
明るくなっていきます。
 
心理学を学ぶきっかけは、千差万別
でしょうが、学ぶという事は人生に
いろいろな広がりや、可能性をもたらす
ものだと思います。知的好奇心は
幾つになっても、枯れないものだと思います。
 
自分の人生を振り返るきっかけになったり、
そして自分にとって必要なものと、手放して
いくものを明確にしてくれるものだと思います。
人生の棚卸しを実践していくような・・・
 
昨日は私も希望者にオラクルカードを
させていただきました。時間の都合で
5名の方にさせていただきましたが、
皆さん、楽しんでいただけたようです。
 
私もまだまだ学びの途上です。
オラクルカードやカラーセラピーを
気軽に受けて頂く機会をこれからも
度々作っていきたいと思っています。
 
地元で草の根的な活動ですが、
私も皆さんと楽しみながら、元気になる
お手伝いが出来たらいいなあと思います。
 
美しいカラーボトルに癒されて下さい。
 
 
 
 
 Thursday, 21/4/11   Life must go on.
 
先月、リトルガーデンのナツさんと眞梨亜先生との
コラボワーク「天界の光のワークとパステルアート」に
参加しました。
 
眞梨亜先生のヒプノの誘導で、天界まで上っていき
そこで見た光景をパステルアートで表現します。
 
パステルアートは初めてでしたが、
私は震災の後の地球への祈りも込めて
光と十字架を描きました。
 
ヒプノの途中、宇宙を漂いながら
少し歪んだように見える地球を
眺めたり、天へ上る途中強烈な紫の光を
浴びたり、そして天上から降り注ぐ
オレンジとイエローの美しい光を感じて・・・
 
人は大きな悲しみや困難に出会った時、
紫の色に惹かれるといいます。
赤(暖色)と青(寒色)の混じった紫は
とても複雑な色とも言えます。
 
赤は悲しい時には元気をくれる色。
青は心を鎮めてくれる正反対の色です。
 
紫色を選ぶ時は色彩心理では、
「情緒不安をもたらす体の機能不全」と
言われます。私達は心が悲しみに押しつぶされ
そうになっている時、どうしていいのか
分からない混乱している時、無意識のうちに
紫を選び、その色の力で自分を癒そうと
しているのかもしれません。
 
充分に紫の力を借りたら、そうしたら
人は生きる為に歩き出さなくてはなりません。
 
生きる為に必要な色、それがオレンジです。
オレンジはショックアブソーバーと
言われています。太陽の輝きの色、果実の色に
自然の恵みを感じ、生命力を奮い起こしたオレンジ。
 
私達が生きる為に、そしてどんな事があっても
 
Life must go on.
 
人生は進み続けなくてはならない。
 
参考 「心を癒す魔法の色彩力」 末永蒼生 主婦と生活社
| Prev | Index | Next |



| ホーム | イベントのお知らせ@ | イベントのお知らせA | インフォメーション | クリスタル・キーパーにようこそ! | プロフィール | ヴィジョン・スパイラル | Works |
| 日記 | フォトギャラリー | リンク集 | What's New |


sepia@mx2.tiki.ne.jpメールはこちらまで