Diary
日々の徒然を綴ります
 Wednesday, 27/2/13   心理カウンセラー講座
 
先週の土日の2日間、Gravyで見つけた
心理カウンセリングの講座を受講した。
 
値段も安かったので、余り期待はしていなかった
のだけれど、カウンセリングのさわりは
網羅されていたので、参考になる事もたくさんあった。
 
簡単な心理検査や木を書いて、今の自分の状態を
知ったり、色を使う所はカラーセラピーの投影法と
同じ考え方なので、興味深かった。
 
部分的にはTAやホスピスのカウンセリングなどを
齧った経験はあるけれど、カウンセリングを全体的に
見た事はなかったので、こういう講座は私にとっては
とてもありがたい。
 
上の講座も学んでみたいけれど、またそれは次の
機会にとっておこうと思う。
 
日本プロカウンセリング協会という所でやっている
講座なのだけれど、カウンセラーの敷居をもっと
広くして、多くの人に学んでもらいたいという
意図らしい。
 
勿論これだけでプロになれる訳ではないけれど、
とっかかりとして、とても興味深い講座だった。
 
エリクソンの発達心理学や家族療法、音楽療法や
ゲシュタルト、いろいろなやり方があるのを
知るのも面白いと思った。
 
理論として知るというよりも、体験型の講座なので
ペアやグループになってやる事がほとんどだ。
 
その時の気持ちや感じたままが、クライアントの
立場になったり、カウンセラーの立場になったり
するので、とても為になった。
 
聴くというのは技術ではなく、聴こうとする姿勢
だと、以前教えていただいた事があったけれど、
今回もこれを強く感じた。
 
私も自分のセラピーでは、一番大切にしている事です。
勉強になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 Monday, 18/2/13   日本の神様
 
最近、友人とのお喋りからヒントをもらって、
日本の神様について、調べている。
 
調べているといっても、現代語訳の古事記を読んだり、
特定の神様についてネットで調べたりしているだけ
なのだけれど、これが結構ハマって面白い。
 
数年前に出雲大社に行って、その大らかな雰囲気が
気に入ってはいたのだけれど、古事記を読み始めて
見ると八百万の神様の人間臭さに驚かされたりする。
 
日本の創世の話は、ギリシアやローマの神話にもとても
似ている。今までキリスト教や仏教について学ぶ機会が
あったけれど、日本の神様についてはほとんど知らなかった。
 
今回、特に調べているのは鳥に関する神様の事。
 
古事記には出てこないのだけれど、天照大神が天岩戸に
隠れてしまい、岩戸の前で神々が踊り始めて、その時
弦の楽器を演奏した神様がいた。その神様の弦の先に
鷲が止まったという。それは吉祥を表す鳥だといって
喜ばれた。それで「鷲」の事を加えて天日鷲命(あめの
ひわしのみこと)とされた。
 
命は鷲の背中に乗っておられるらしい。日本の神話で
鳥に関する話といえば、日本武尊(ヤマトタケル)が
亡くなって白鳥になった事や、神武天皇を助けた
八咫烏や鳶の話が有名だが、これらの話も命と
絡んでいるのではないかという説もあり、興味深い。
 
この神様は「お酉様」と呼ばれて、浅草の「鷲神社」
では、開運や商売繁盛の神様として親しまれてきた。
また日本武尊が東夷征伐に祈願し、志を遂げてお礼を
した時、熊手を掛けた日が酉の日だった事から「お酉様」の
呼び方ができたそうだ。
 
命=神武天皇説という大胆な推理をされている方も
いらっしゃるようで、なんだかミステリアスで面白い。
 
いろいろとネットでたどっている内に、ミカエルが
日本の神だったらという所まで出てきて、これも
とても興味深かった。またこれは別の機会で
紹介したい思う。
 
 
 
 
 
| Prev | Index | Next |



| ホーム | イベントのお知らせ@ | イベントのお知らせA | インフォメーション | クリスタル・キーパーにようこそ! | プロフィール | ヴィジョン・スパイラル | Works |
| 日記 | フォトギャラリー | リンク集 | What's New |


sepia@mx2.tiki.ne.jpメールはこちらまで