Diary
日々の徒然を綴ります
 Saturday, 5/5/12   スーパームーン
 
4月は体調を少し崩した事もあり、
もう少し体調管理に気を付けなければと、
気持ちを切り替えた月でもありました。
 
自分の病気の事を珍しく書いた為、
心配して下さる方もいらっしゃいました。
 
お騒がせして申し訳ありませんでした。
HPを始めた頃は、割と自分の病気の事も
書いていたのですが、最近はほとんど
触れていませんでした。
 
隠していた訳ではないのですが、
自分でも少しずつ、病気から離れていっていたのだと
思います。今回思いがけず、自分の気持ちがざわついた
事もあり、事実だけ在りのままに書いてみようと思いました。
 
私がセラピストの道を目指したのも、
この病気になった事がきっかけだったと思います。
 
病気を受け入れるまでの葛藤や、治療を頑張って
受けていた時の思い出、同じ病気で戦ってきた友人の死等、
乗り越えなければならない事がとても多かったと思います。
 
それと共に、病気になって自分の人生観もとても大きく
変わっていった気がしています。「人生は有限であり、
永遠ではない」 それまでの傲慢とも思える生き方から、
もっと謙虚に生きる事を学びました。
 
病気になった事は残念な事でしたが、私はそこからも
いろいろな事を学んだと思っています。「シータヒーリング」
の中に、自分のブロックから「学んだ事はなんですか?」
とか、「そうなって起こる最高のことは?」という
問いかけがあります。
 
勿論、ブロックは良いモノの筈はありません。
でもそこから学ぶ事、そしてそれが助けになって
いる事もあると知る事も出来ます。
 
自分が手放したいけれど、手放せないのは
その「良い部分」があるからという事も分かります。
 
人の心はつくづくと不思議なものだと思います。
 
今日はスーパームーン
 
手放すのには最適な満月なのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 Wednesday, 18/4/12   ボーダーライン
 
先週の木曜日、いつもの通院での出来事。
 
前月に受けた血液検査の結果を主治医に聞いた。
 
結果に異常はなかったものの、ここ2回の
 
検査で腫瘍マーカーが上がっている事が気になっていた。
 
片方の腫瘍マーカーはまさにボーダーラインだった。
 
その事を主治医に確認すると、「確かに、ここ2回の
 
上がり方は気持ち悪い」と言われ、今回も血液検査を
 
受ける事にした。
 
7年目のマーカー上昇。 新たにどこかに腫瘍が
 
出来たのか? 原発の再発だろうか? 遠隔転移だろうか?
 
一瞬さぁーっと血の気が引いたと思う。
 
「その日が絶対に来ないとは限らない。」
 
これは私が心の奥底に持っているブロックだ。
 
恐れや不安などと簡単には言えない領域、それは一種の
 
聖域にも似た思いといったらいいのだろうか?
 
特別主治医の前でも取り乱す事もなく、淡々と
 
いられる自分をちょっと離れた所から観察している
 
そんな気分を味わっていた。
 
帰りに夫と姉に報告。きちんと結果が出るまでは、
 
他言しないように頼んだ。
 
翌日、神戸から学生時代からの友人が遊びに来た。
 
7年前も、手術の翌日お見舞いに来てくれた。
 
今回も私のSOSを察したかのような来訪。
 
きっとこれも偶然ではないと思った。
 
友人の妹さんも私と同じ病気だった事もあり、
 
ごくシンプルに話す事ができた。
 
後は普段のまま、仕事の事、家族の事、学生時代の
 
事、卒論やゼミ、恋愛の事、これからの事。
 
たくさんの話をした。私の仕事、セラピーの話、これから
 
どんな計画を立てているかとか・・・
 
海の美しいカフェでランチをしながら、時間も忘れて
 
友人と話し合った。
 
私が病気であろうとなかろうと、海は静かにすべての事を
 
押し流してしまうものなのかもしれない。
 
たぶん私も事実だけを受け止めて、淡々と過ごしていこうと
 
思った。
 
火曜日の午前中に、結果が届いた。
 
「腫瘍マーカーが下がっていました、よかったですね」
 
主治医の見慣れた筆跡でそう書かれていた。
 
 
 
 
| Prev | Index | Next |



| ホーム | イベントのお知らせ@ | イベントのお知らせA | インフォメーション | クリスタル・キーパーにようこそ! | プロフィール | ヴィジョン・スパイラル | Works |
| 日記 | フォトギャラリー | リンク集 | What's New |


sepia@mx2.tiki.ne.jpメールはこちらまで